ガジェット

【通信速度】ポケットWi-Fiの無線接続・有線接続(USB接続)どっちが速い?

ポケットWi-Fiの通信速度がいまいち出ないときに、試してもらいたい機能のひとつが「有線接続(USB接続)」になります。

ポケットWi-Fiは充電端子がUSB端子になっていますが、こちらをPCに接続することで

USB経由での有線接続をすることができるのです。

今回検証したのはソフトバンクの501HWという機種です。

多くのポケットWi-FiはPCに接続するだけで自動的にドライバがインストールされ、

有線接続に切り替わるようになっています。機種によっては手動でのドライバのインストールが必要になるケースもあるかと思いますので、ご注意ください。

実際に通信速度を測ってみた。

下記の条件でやってみました。

①同じ場所にて測定

②2.4Ghzおよび5Ghzそれぞれ測定

③無線接続・有線接続それぞれ測定

④念のため2回測定

今回通信速度の測定に使用したのは下記のサイトです。

GATE 02のインターネット回線測定ツール

2.4Ghzの測定

2.4Ghz帯の測定では下記のような結果になりました。

有線接続の方が下り(ダウンロード)のスピードが2倍近く速くなりました。

上り(アップロード)の速度はそれほど変わりませんでした。

pingやJitter値も有線接続の方が良くなり、通信が安定しています。

ping値:インターネットの応答速度を表す数値です。50ms以下でおおむね良好です。

Jitter値:ping値の揺らぎ(ブレ)加減を指します。こちらも低ければ低いほど通信が安定します。

5Ghz帯の測定

5Ghz帯の測定では下記のような結果になりました。

2.4Ghzのとき同様、下り(ダウンロード)は大幅に速くなっています。

ただ、上り(アップロード)は逆に遅くなってしまっていました。

エリアや周辺環境・周辺ユーザーの影響等もあるかもしれませんが、5Ghzの時に関しては上りが遅くなるケースがあるかもしれないので注意が必要です。

ZoomなどのWEB会議などでは上りの通信が重要になりますので、注意しましょう。

まとめ

下り(ダウンロード)の速度は有線接続(USB接続)にした方が大幅に速度アップ ということが分かりました。

上り(アップロード)については今回の検証では有線接続の方とそれほど変わらないか、逆に少し遅くなってしまいました。

多くのケースでは無線接続で問題ないかと思いますが、もしも調子が悪い・速度が出にくいと思ったときには有線接続(USB接続)をお試しください。