その他

Photoshopで選択した範囲に別の画像を当てはめる方法

CC2018で追加されたフレーム機能を使います。

選択した範囲をフレーム化し、そこへ別の画像を当て込みます。今回は下記スマホの画像を使って説明していきます。

スマホの画面部分に別の画像を当てはめる作業の流れです。

別の画像を当てはめる部分(スマホの画面部分)を選択する

クイック選択ツールが便利です。クイック選択ツールは正義。

選択範囲をパスに変換

選択できたら右クリックで「作業用パスを作成」をクリックします。

パスの微調整をしたい場合は「パス選択ツール」から行います。

パスをシェイプに変換

パスが生成されたらレイヤーメニューから「新規塗りつぶしレイヤー」⇒「べた塗り」と進みます。

ここでの色は何色でもOKです。

塗りつぶすことで、パスからシェイプに変換されました。

シェイプをフレームに変換

どんだけ変換すんねん…と思われた方、お許し下さい。もう終わりです。

べた塗りしたシェイプレイヤーを右クリック⇒「フレームに変換」と進みます。

フレームに別の画像をドラッグ&ドロップ

フレームが生成されますので、そこへ当てはめたいファイルをドラッグ&ドロップで持ってきます。

これで完成です。

( ^ω^)・・・(もっと効率のいいやり方があれば教えてください。)